読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kimagureguren’s blog

ゲームグラフィッカーになるために、手始めにポートフォリオを制作中です。よろしければご覧ください。

今後を考える

きまぐれぐれんです。

今後、ゲームイラストレーターとして活躍するためには絵を描くための知識とその経験が必要です。よって、基礎から学んでいきたいと思います。今までは絵を描くための実践的な知識を学んできましたが、今回はイラストを描く時に使用する代表的なソフトウェアを調査しました。

 

イラストを描く代表的なソフトウェアは以下の通りです。

Adobe Illustrator     http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

Adobe Photoshop   http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

SAI          https://www.systemax.jp/ja/sai/

CLIP STUDIO PAINT   http://www.clipstudio.net/

OpenCanvas          http://www.portalgraphics.net/oc/

Painter                    http://www.painterartist.com/jp/product/painter/

MediBang Paint Pro  https://medibangpaint.com 

GIMP         http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/

ほかにもありますが、割愛します。

 

ソフトウェアは大きく2分類できます。ドローソフトとペイントソフトです。

 

ドローソフトベクタ形式のグラフィックソフトウェア)はよくペイントソフト(ラスタ形式、ここでは画像編集ソフトも含む)と対比され、両者の能力は互いに補い合うものである。ドローソフトはグラフィックデザインレイアウトタイポグラフィロゴタイプ、鋭角的な芸術的イラストレーションカートゥーンクリップアート、複雑な幾何学模様など)、テクニカルイラストレーションダイアグラムフローチャートなどにより適している。

ペイントソフトはリタッチ、写真加工、写真のようにリアルなイラストレーション、コラージュ、そしてペンタブレットを用いた手描きのイラストレーションにより適している。今日の多くのイラストレーターはCorel PHOTO-PAINTPhotoshopを用いてありとあらゆるイラストレーションをこなす。

GIMPPhotoshopなどのペイントソフトの最近のバージョンは(編集可能なパスのような)ベクタ系のツールもサポートしており、またCorelDRAWAdobe Illustratorのようなドローソフトも徐々にラスタ系のソフトウェアにしかなかった機能やアプローチを取り入れるようになってきている(ぼかしなど)。

ペイントソフト - Wikipedia より引用

 

私はドローソフトであるAdobe Illustratorは中級者程度なので、ペイントソフトのSAIを積極的に使用して、ペンタブに慣れていきたいと思います。