kimagureguren’s blog

ゲームグラフィッカーになるために日々勉強しながら、現在求職中です。よろしければご覧ください。

昨日、絵師100人展へ行った感想

きまぐれぐれんです。

昨日、絵師100人展へ行きました。

f:id:kimagureguren:20170501174207j:plain

(ロゴを参考に描いてみました)

 

www.eshi100.com

 

絵師100人展の開催は今回で7回目となり、テーマは「融合」です。

5月7日まで、秋葉原のAKIBA_SQUAREで開催しています。

 

 

感想

絵師さんによって様々な「融合」の捉え方があり、その違いが非常に興味深かったです。例としては、異なる要素の融合、対になるものの融合、境界線を無くす融合、人と多種族の融合など。

 

一番魅力を感じた絵は、三島くろね先生の「昼下がりのハ-ヴェスト」です。

絵の中に物語があり、キャラクターの性格もさることながら、台詞まで聞こえてくる絵だからです。透明感のある色使いや、注目させるポイントが絞られていたりと、絵を描く上でも非常に参考になりました。

 

「蛇足」 三島くろね先生を詳しく知りたい方

埼玉県出身で、アニメ化された「このすばらしい世界に祝福を!」の小説の挿絵を担当され、白髪娘をこよなく愛している方です。

三嶋くろね - Wikipedia

三嶋くろね(@mishima_kurone)さん | Twitter

 

会場内の雰囲気と来場者について

男女比率は、男性95%:女性5%くらいで、20~40代と年齢層も広かったです。

皆さん、お目当ての絵師さんの絵をじっくりと鑑賞したり、お連れの方と談笑されて、とても和やかな雰囲気でした。

その中でも特に印象に残ったことは、絵の細部までご覧になっていたことです。今後、必ずゲームイラストレーターになる私にとって、身が引き締まる思いをしました。乱雑で手を抜いた絵を描くことは恥だと再認識しました。

 

余談

自分が好きな絵柄の条件は、アニメ塗り(メリハリがある為)、色の彩度が比較的高い、くすんだ色が少ない、透明感がある、光を取り入れて全体的に明るい印象、ファンタジー感がある、絵に物語がある等だということが分かりました。これから描いていく絵の方向性が見えた気がします。