kimagureguren’s blog

ゲームグラフィッカーになるために日々勉強しながら、現在求職中です。よろしければご覧ください。現在は雑記になっていますが、私についても知っていただけたらなと思います。twitterのIDは@kimaguregurenです。

~自由に描画~ 30

きまぐれぐれんです。

自由に描画シリーズです。

今回は「本と出会う」をSAIにて10分程度で描きました。

 

f:id:kimagureguren:20170809034408j:plain

今日は人生の節目です。今までの自分を振り返り反省して、新しい自分をつくっていく。そんな日です。引っ越しが完了しました。引っ越しの話はまた今度。

帰り道に目に留まった図書館に行きました。自分でいられる場所だと思いました。静寂で規律があり、各々の世界に入っているようで、共有している。宇宙の惑星のような関係。強制されるわけでもなく、強制するのでもなく、「ただ在る」という感覚。自分の見ている世界がいかに狭く乏しく浅いかを教えてくれます。自分が興味のないジャンルでも、世界には確かに存在していて、熱心に学んでいる人がいる。足りないものを補い合い、支えあう。怒号もなければ、怠惰もない。それぞれが役割を担う。静かな人たち。

本を選ぶとき、無意識が有意識となり、本当に望むものが何かを教えてくれます。

今の自分に最も必要なものを私は数ある書籍から選びます。否、本が私を選んでいます。全く同じでではないけれど、変わらずあるのに気付けない。それは、私の意識の範囲外にあるからです。隣り合わせにある本でも、必要なければ選ばない。目に留まらない。人生を変えるほどの本であったとしても。縁なのだと思います。すべてはタイミング。

私は自分の人生に自分で責任を取ろうとしなかった。取れないと思い込んでいました。誰かの蓑に隠れているほうがはるかに安全ですが、私は深く反省し、人生の再スタートを切ります。今までは誰かの人生に過ぎなかったのです。与えられた誰かの人生の欠片を自分の人生だと思って生きてきました。ですが、自分の人生を自分の意志で責任を持ってどんなに不自由でも歩んでいきたいと思えるようになりました。

ゲームのイラストを描く。適正はあるかと言われればないと思います。四六時中イラストについて考えていないからです。考えられる環境は自分で整備しないと手に入りません。そのための一歩を私は自分で選択して踏み出しました。必ずやり遂げます。今は大きくジャンプするための下積みの時間です。

 

長くなってしまいました。最後までご覧いただきありがとうございます。