kimagureguren’s blog

現在は雑記です。自分の人生に責任をもつ練習中です。仕事を楽しむために工夫中です。twitterのIDは@kimaguregurenです。

少しだけ心を開いてみる

きまぐれぐれんです。

今日は本の返却期日だったので図書館へ行きました。外出の絶対的理由がないと外へは行かない性分なのであえて借りています。今日はいい天気でした。雨のおかげで人気が無いため、余計な雑念に影響されずにすむからです。私は人がいると上手く呼吸が出来ません。他者の視線や感情が多い場所では無意識に警戒と防御をしてしまいます。雨の日の優しい静けさが好きです。晴れの日では花を近くで見つめることがはばかられます。傘をさせばだれかわかりませんし、気軽に心のままに行動できます。己の感性に意識を向けてみました。普段はなかなかできないことです。

雨が傘を打つ音や傘を伝って流れていくことを見つめたり、歩を進めるたびにばしゃっと水が跳ねる、水たまりは波紋を成し、美しいと感じる自分が少しだけ好きだと自覚する。建造中の建物からの木の香りに癒され、自分は緑がある場所に居たいのだと気づく。コンクリートは冷たい印象があって好きじゃない。苔の生えた石に歴史を感じてなんだか嬉しくなる。木造の和が好きだと知る。地肌をところどころのぞかせながらも草が生える地面を歩くと生きているのだなと感じる。最近舗装された道路に引かれる白線の白さのコントラストが美しく、車が通りへこんだ道路に時の経過を感じる。階段に設置された手すりに思いやりと人の気配を感じる。

普段は行かない道を歩いてみたくなりそうした。ワクワクして楽しかった。いろいろな発見があった。日が暮れて暗くなると怖くなり家路を急いだ。帰る場所があるから冒険できる。道に迷っても大丈夫だと思った。来た方向がわかれば帰れる。坂道で鼓動が大きくなって少し苦しくて。すれ違う人の人生に思いを馳せたり。人気がなさ過ぎて不安になって。家屋から漏れる光に勇気づけられて。

やっぱり神社はエネルギーがあって、いるだけで汚れが少しずつはがれ落ちていくことを感じて。絵馬には人知れず思いが書かれていて。整えられた環境に居心地の良さを感じる。暖房によって温められた身体は冷えていて、身体を動かすと熱が強く優しく自分を包み込む。気持ちも前向きになってやはりいいことだと再確認する。


少し住みたい場所が定まりました。

図書館と自然と日本家屋と神社。規律と静けさと優しさ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの幸せを願い、応援しています。