kimagureguren’s blog

現在は雑記です。自分の人生に責任をもつ練習中です。仕事を楽しむために工夫中です。twitterのIDは@kimaguregurenです。

感情は大きくわけて2種類

きまぐれぐれんです。

感情は大きくわけて快と不快の2種類であると最近思うようになりました。

そして不快と感じることを無くすことが快適に過ごす秘訣だと思います。

快か不快かを自分に聴いて不快ならば止め、快ならば続ける。そんなシンプルなことを私は出来ていませんでした。

やらなければならない事をせずに先延ばしにすることは、終えるまでずっとやらなければならないことに心を蝕まれるため不快です。心から今を楽しめないのです。後回しにして楽しいと思ったことは一度もありませんでした。そのことを意識できるようになってからは不快に思ったことはすぐに片付けるようになりました。この意識の変化は現在勤めている会社で環境整備をするようになってからです。毎朝15分仕事の前に掃除をすることで1日にどれだけ汚れるかがわかり、掃除をせずに汚れてしまった場所は掃除をする時間が余計にかかり、時間がかかるゆえに面倒になりさらに汚れていく。毎日続ければさっとひと撫でで終わる。綺麗にしたことで心が満ちて余計な雑念をもたずに爽やかに仕事に取り組める。最初はなんのためにするのかが分からず効果もなかったのですが、次第に意識がかわり考え方が変わりました。今では環境整備された場所でないと不快と感じるようになり、私生活でもささっと掃除しないと不快です。そして快適に過ごせる場所が最も生産性を高めるのだと思いました。恐らく試験前になると急に掃除を始めるのは集中できない環境を無くす心理が働くのと、逃避です。日々のやらなければならないことを後回しにすると本当にやりたいことが見つかったとき足を引っ張る原因になります。不浄の溜まった場所では心が腐っていくだけです。

人生でやらずに過ごしてきたことが私を苦しめています。やることを選択する自分であり続けたいです。

それから話は変わりますが、人に自分の考え方を押し付けたりするひとにはなりたくないと思いました。常識や普通など。

常識は限られたコミュニティ内で円滑に過ごすための知恵です。コミュニティが異なればそれは非常識になります。固定観念は時として凶器になりえます。柔軟な考え方をできるようになりたいです。

私は考え方そのものを選択できると気が付けたので、不快になる考え方は捨てようと思います。自分は自分。他人は他人。他人が考えた考え方を真似するのではなく、自分なりにアレンジして自分の考えを持つ。自分と他人は他者だから分かり合えない。その前提の上でわかり合おうと努力する姿勢が大事なのだと思います。分かり合えなくてもいいのです。それが自然なことです。最初から分かり合えるひとなんていません。みんな違います。


こうあらねばならないという考えで縛っているのは自分自身です。周りの人は縛ってなどいません。自分を自由にすれば自然と自由な環境が訪れます。

最終的にはやらなければならないことがない環境下で思う存分楽しみます。

ないものはない。今有るものを見つめて、足りないものを補っていきたいです。


コンビニで買い物をする時に店員さんに優しく接してみました。するといらっしゃいませではなく、おはようございますなどの挨拶に変わりました。人を大切にすることは同時に自分を大切にすることです。自分を大切に出来る人が人を大切に出来るのだと思いました。自分を蔑ろにすると人を蔑ろにするめ、人に蔑ろにされます。情けは人の為ならずです。人を大切にすることで自分も大切にされる。その積み重ねが信用になるのだと思います。実験して好循環になるとわかったので、人を大切にする行動をしていきたいです。


私が人付き合いが下手な理由は自分を大切に出来ていなかったために人を大切にする考え方や方法が分からなかった、行動に移していないからだということが分かりました。今の職場の人は人の為にさっと行動する人々の集まりなので、自分は宇宙人です。人の為に何故こんなにも行動できるのか理解できませんでしたがいまは少しずつ分かるようになってきました。いまはまだ迷惑を掛けてばかりだですが、はやく返していきたいです。コピー用紙と掃除表の破棄と補充は自分の仕事にしました。今できる小さなことからコツコツと返していくことにしました。感情的に振る舞う人がいないので安心して過ごせます。怒気の含まれた音や行動が苦手でビクビクしている自分がいることに気が付けました。誰しも自分にされたことを自然と自分もするようになる。負の連鎖と善の輪どちらをされたかで人生が決まる。自分で気が付いてやめたり補うことで変えていける。学び続けていきたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの幸せを願い、応援しています。