kimagureguren’s blog

現在は雑記です。自分の人生に責任をもつ練習中です。仕事を楽しむために工夫中です。twitterのIDは@kimaguregurenです。

しがみつかないと決めたこと

きまぐれぐれんです。

研修期間(2017年11月15日まで)が終わり、現在勤めている会社から労働通知書を昨日(2017年11月22日)頂きました。まだ捺印はしていません。現実的には迷う余地はないのですが、自分の心は捺印すべきでないと警鐘を鳴らしています。客観性を持つために少し整理してみることにしました。

 

雇用契約書や労働条件通知書がない状態での労働をしていること。(違法)

労働条件通知書に賃金の計算方法が記載されていないこと。

提示された金額を時給換算し、最低賃金と比べると何十円かの差であること。

労働条件通知書の注意事項欄に退職の申し出は2か月前までに書面で申請することと記載されていること。(法律では2週間前でよい)

正社員登用前提のハローワーク求人だが、実際は雇用期間の定めがあること。

既定の労働時間外に朝礼(月4時間)や会議(月平均4時間以上)があり社長が義務づけていること。

今年度の会社の年間休日日数が97日であること。

残業代は申告制であること。

罰金制度があること。

年末調整の記入済み書類を社内の誰でも自由に出入りできる場所にて集めており、施錠などをして管理していないこと。

社会人として必要なスキルを身に着けられること。

企業でのデザインの実務経験を蓄積できること。

会議に参加することで経営者の考え方を学ぶことができること。

 

労働通知書に捺印する前に退職・解雇に関する事項に就業規則に定めると記載されているので就業規則の閲覧及び書面による交付と社会保険(厚生年金)に記載がないため加入の有無を聞こうと思います。ちなみに就業規則を従業員に周知しないことは違法です。

 

一生、不利な条件を飲まざる負えなかったり、会社にしがみつくことでしか生きられないような人であり続けたくないです。鵜呑みにしたり、利用されたり、騙されたりせずに強く賢く生きていけるようになるために日々学んでいきたいと思います。

 

それから明日から仕事日記を付けて日々成長できるようにしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの幸せを願い応援しています。