kimagureguren’s blog

現在は雑記です。自分の人生に責任をもつ練習中です。仕事を楽しむために工夫中です。twitterのIDは@kimaguregurenです。

呪い

きまぐれぐれんです。

皆さまお久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか。

先週は未来への一歩を踏み出した日でした。ここ最近は家と職場を行き来するだけの日々を送っていました。お金が必要なので無駄な出費を抑えるためです。でも続ければ続けるほどに生きている意味を失っていきました。以前では考えられない事、仕事などやらなければならない事をズル休みすることが増えてきたためです。仕事帰りに電車に揺られて本屋さんに行き、好きな本を見つけて近くのレストランで食事をして、自宅で一冊読み終えて…とても充実した1日でした。そのように過ごすと決めたのはちょうど2週間前でした。ルーティーン化した日々に変化を与えるためです。私は変化をとても恐れる性質があります。それは両親の離婚がきっかけです。私は私が努力しても変えることができない事象があることに絶望しました。そしてその圧倒的な無力感が私を今まで苦しめてきました。私は変わりたいと願いながらも変われずにいました。自分の力で困難を解決することが出来ないと自分に言い聞かせて、ずっと自分を痛めつけてきました。私はそれを呪いと呼ぼうと思います。その呪いを解くことができれば、一人暮らししたいというような気持ちも薄れてなくなるようにも思いますが、私は自己解決能力を高めたいと思っています。そのために努力して見ようと思いました。ほかの誰でもない自分の為です。私は自分を大切にすることの尊さと難しさを知りました。

人が人に優しく出来ない理由は大きく分けて3種類だと思っています。

ひとつめは人の温もりを知らないこと。それは常に悪意に晒されている状態で、それが『普通』だという認識を正せないでいる無自覚な場合、その『普通』を他人にも無意識にしている。人は誰か(何か)を手本にして真似て人と関わるので、その振る舞いをするようになります。よって、自分がしている事が人を傷付ける行為だと自覚していない状態で、むしろそれが正義であるかのような持論を持つ人もいます。

ふたつめは悪意に晒されて魔が指す場合。大抵の人がこちらに当てはまると思います。満員電車で足を踏まれて謝罪されなかったり、日々家族の為に毎日頑張っているのに、さも当たり前の事のような態度で感謝や労いの言葉がなかったり、人と比べられて自身を喪失していたり、その存在自体を疎まれていたり…。その憂さ晴らしの為に、人を故意に傷つけている場合です。

そしてみっつめは人に対して関心がない場合です。関心が持てなくなってしまった場合もこちらに該当します。自分のことだけで手一杯だったり、自らの意思で人と関わる事を避けて殻に閉じこもる場合です。

陰を持たない人には理解しにくいとは思いますが、それは確かに存在します。そうならざる負えない環境が人を闇に惹き込むのです。

私はその闇から生まれた呪いを解く為に、邪気を祓う行動を起こしました。その効果は絶大で、前よりは自分を労わりその心の余裕によって人に優しくできるようになってきました。それは硬く渇いた石(意志)に一滴の水が落ちるような些細なことですが、それは確かに私にとっての潤いです。何度も何度も落とす事でその石は窪んでいくことに気がつきました。いつか風穴があき壊れて跡形もなくなり風化する日を楽しみにしています。

相変わらず自信とは一体なんなのか検討もつかずに彷徨いつづけていますが、自分を少し好きになれました。

私がわたし自身を嘆き憫察する限り、闇に引き摺り込まれると気付いてから、長年の靄が晴れていきました。

私は自分を大切にすると決めてから実行して気分転換の仕方を得て自己否定することも少なくなり、拙いながらも人に優しくできるようになりました。自分と向き合えば向き合うほどに自分は何をしたいくて、何をしたくないのかが解るようになりました。そして以前話していたひとり旅も手段に過ぎないのだと気付きました。ただの思い込みで随分と人を傷つけ、無駄に時間を浪費してしまいました。後悔というぬるい考えでまとめる気はありません。私に出来ることは誠意と真心を尽くすということ。壊して失ったものを直すのではなく、新たに作るということ。そして二度と関わらないこと。やらなくてはならないこと…。話が長くなり過ぎたのでこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたの幸せを願い、応援しています。

自問自答

きまぐれぐれんです。

皆さまお久しぶりです。桜の花びらがひらふわりと舞い落ちるところを見るたびにもう春なのだと感じています。

いろいろと自分の人生について考えておりました。まとめたくなったのでここに記します。


Q.どのように生きたいですか。

A.だれよりも自分に誠実で、他者を慈しみ助けていきたい。

Why.自分を偽って生きることは苦しく辛いことだからもう出来ません。日々喜びを感じながら生きたいです。自分だけが幸せであることは本当の幸せではなく、周囲の人(人に限らず)とともにしあわせで在りたいです。そしてA.と真逆の人生は送りたくありません。


Q.どんなふうになりたいですか。

A.自分自身に誇りを持って、前向きで直向きかつ誠実な人になりたい。

Why.今まで自分の人生に対して投げやりな気持ちしか持てずそのような行動をしていました。ですが自分と真正面から向き合って、自分の人生を考えた末にこのままではいけないと思い、日々誠実に生きている人になると決意し、今できる小さなことから改善しています。


もっと自問自答をするつもりだったのですがあまり思いつきませんでした。人生の輪郭がまだ見えていないからだと思います。

自分で意思決定した人生を責任を持って歩みたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたの幸せを願い応援しています。

心のゆとり

きまぐれぐれんです。

皆さんお元気ですか。久々に書くので少々緊張しています。よろしければお付き合いください。

昨日に引き続き今日ものんびりとした気持ちで過ごせていることがとても嬉しくて癒やされます。バレンタインデーに頂いたお菓子を食べたり、アラームを切ってお自然に目覚めた時や起きたいと思ったときに起きたり、ひたすらぼーっとしたり、ゲームしてみたり。ただしたいことを好きなように好きなだけできることほど贅沢なことはないなと

しみじみと感じています。

最近は今後の生活のことを考えていて不安な日々を過ごすことが多いです。雇止めになって、その後再び就職出来ずに収入がなくなったらどう生きていけばいいのかなとか色々。ただ生きているだけでお金がかかるシステムの中で生き続けなくてはならないので、やはり金銭的な余裕が心のゆとりにつながるのだなと思ってしまいます。仕事にはだいぶ慣れてきて分からないことが分からない状態からはとりあえず抜け出せたように思います。ただ生活の不安で仕事が手につかず先日上司から指導を受けました。できていないことを指摘されたのですが、その指導がそうではないとわかっていても自分の存在自体を否定されているように感じてしまいました。受け取り方の改善の余地ありです。仕事中に非常にストレスを覚えるようになりました。就業時間内に割り振られた仕事が終わらずにほかの方に負担をかけてしまっているからです。早く終わらせようと焦れば焦るほどミスがでますし、雑な仕事になりやすいので避けています。今は正確さとスピードの両立ができるように色々と工夫しています。ひとまずはその仕事において危険度と重要度が高いもののチェックの徹底をして明らかなエラーをなくしています。まだまだ戦力不足ではありますが、日々より良い仕事をしてまずは迷惑を掛けない仕事ができるように精進していきます。

つらいと感じたら今日みたいに息抜きをして。こんな風に自分の気持ちをありのままに話すことができることがとても幸せです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの幸せを願い、応援しています。

『いままでよくひとりで耐えてきたな』 感情的なお話

きまぐれぐれんです。

皆様、明けましておめでとうございます。

世間は3連休中ですね。いかがお過ごしでしょうか。

今日は感情的なお話になります。ですから余裕があるときに読んでいただけると幸いです。


坂道のアポロンの11話『いままでよくひとりで耐えてきたな』っていうセリフを聞いた瞬間、アニメのストーリーが頭に入らなくなりました。色々な想いが押し寄せて感情的になってしまいました。Twitterのほうでも呟いております。書かずにはいられなかったのです。Twitterだけでは足りなくなってしまったのでこちらに記します。

私の両親は離婚しました。既にご存知の方も多いと思います。そちらがきっかけで私は自分の感情をありのままに素直に出すことに恐怖心があります。自分さえ我慢していれば何事も無かったように嵐が過ぎ去っていくものだと思い、姉兄が荒れたり次第に上手く順応していく中ずっとひとりで耐えてきました。耐えていることを忘れてしまうほどに。私は4人姉兄の末っ子です。姉2人の内ひとりは休みがちになったり、兄は荒れていました。一番苦しんでいたのは父だと思います。私は出来る限り手のかからない良い子を演じました。当時は演じていたことさえ気が付いていませんでした。それほど私は追い詰められていたのだと思います。私も荒れたら父に負担が掛かると同時に自分が壊れることがわかっていたからです。そのおかげで今も過去だとは思えずにずっと抱えたまま生きづらさを感じています。ですから、タイトルの言葉を聞いた瞬間色々なことが溢れて止まらなくなりました。そして本来の私はこんなにマイナス思考で常に怯えているようなことはなかったと思い出しました。大切なものを失った、失う恐怖が私をそうさせています。また大切なものを失うことになれば今度は本当に壊れることが確信を持って言えます。誰にも心を開かずにただ時間だけが過ぎていく毎日になるでしょう。話が重くなり過ぎました。当時言えなかった思いをそっと声に出しました。どんどん止まらなくなってありったけ素直な気持ちで言い続けました。誰も側にいないから出来た事だと思います。傷だらけでぐちゃぐちゃな自分を見られたくはないです。どうしてもひとがいると反射的に自分を偽ってしまう癖があるので独りの時にしか出来ないのです。心を丸裸にするので非常に繊細で些細なことでも危うくなるので本当に安心できる時にしかこうはなれません。まだすごく痛みが強く防御が完全ではありません。もっと吐き出したいけれど自分が保てなくなりそうで怖いです。


またイラストを真剣に取り組みはじめました。ちょこちょこ続けてきたものの身が入らなかったのです。本当にやりたいことが何なのか分からなくなってしまいペースが落ちていました。イラストの教本を何度も見つめている自分に気がついてやっぱりやりたいと思い壁にぶつかりつつ学んでいます。イラストは対象を良く理解しないと描けないです。不理解な部分は曖昧なまま描くことになります。自分以外のものに積極的に関わろうとしなければできないことです。荒療治というかリハビリになりますが続けていきたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの幸せを願い、応援しています。

より一層の感謝を込めて。

良いお年を!

きまぐれぐれんです。

今年も残すところわずかになりましたね。長かったような短かったようなそんな不思議な感覚があります。皆さんはどんな年でしたか。今年は私にとって転機の年だと言えます。自分のために行動することができるようになってきた年だからです。昨年の7月からブログをはじめて今日に至ります。毎日更新することに重きを置いていた時期もありましたが、今は心から書きたいことを書くことのほうが大事だと思っています。ブログを通して皆さまと交流できてとても幸せです。いつもスターやコメントをありがとうございます。あたたかい言葉ばかりで自分にはもったいないです。本当にありがとうございます!


皆さまの幸せを願い、応援しております。

良いお年を!

SNSで知り合い実際にお会いした「陽」さん。そして変化

きまぐれぐれんです。

今日はこの間お話したSNSでお話している人についてお話したいと思います。

その方はこちらのブログを読んで心配して下さった方で、SNSで会話を重ね続けた結果、実際にお会いすることになりました。お会いする前は仕事もそつなくこなす颯爽とした女性だと思っていましたが、実際は男性で実はリアルでも数回関わったことがある人でした。その人を「陽」さんと呼びたいと思います。陽さんは以前私が不注意で物を壊してしまったときに丁寧かつ適切な対応で助けてくれた人でした。お話しする中で、陽さんは私だと気が付いていたようです。仕事帰りに食事をしながらいろいろな話をして、連絡先を交換しました。正直、社交的で謙虚かつユーモアがある陽さんがなぜ私に親切にしてくださるのか不思議でなりません。そして陽さんのような素敵な人に自分もなりたいなと思いました。陽さんと一緒に過ごした時間はとても楽しく充実していて、変に気負ったりせずに自然体でいられました。普段、人と接すると気を遣いすぎてへとへとになってしまうのですが、そんなことは全くなく、むしろエネルギーが満ちていくような感覚を覚えました。

前回も書いた気がしますが、今までの経験上、人と接することに恐怖心を抱くことが多く、なかなか心を開くことが出来ずにいました。今は僅かに改善されつつあります。心を開くことに対してだんだんと安心感が持てるようになりました。他人目線でどう思われるかいつも不安で苦しくて辛く、ますます自分が嫌いになる一方でしたが、だんだんと自分の気持ちを素直に表現することに抵抗を感じなってきました。これが等身大の自分だと自負して、自分を少し好きになれてきたおかげだと思います。未だにどう話せば正解なのか考えて悩んでしまいますが、楽しむ気持ちを大きくしていきたいと思っています。また、私は人と接することに対しての土台が恐怖心や不安であることを最近気が付きました。変えていきたいですがなかなか難しいです。


最後まで読んでいただきありがとうこざいます。

あなたの幸せを願い、応援しています。


自分の心を開く練習。

きまぐれぐれんです。

誰かと親しくなりたいと思ったら自己開示が必要になってくると思います。自分がどのような考えを持ち、どのように生きているかなど。ある程度関わりのある関係でも全く自己開示しない人は興味を持たれなかったり、相手に分からないという不安や恐怖を与えるので、付き合いたいと思われにくいです。

私は自尊心が非常に低いので、ただその場に混ぜていただけるだけでも充分だと感じてしまいます。自尊心が並かそれ以上の人はその上の段階の人と関わることに幸せと感じる人が多いように思います。その人々から見ると私は空気のような存在といったところでしょうか。気さくで社交的な人やおしとやかな人は分け隔てなく接する方が多いので、お話しできたりします。畏れ多いなと思いながらもなんとか言葉を紡いでいます。自分が楽しむ事よりも相手を不快にさせない事に重きを置いてお話しするのでとてもエネルギーを使ってしまいます。その為か気軽に話すことができないでいます。それは長年の考え方の癖が原因だと思います。少しずつですが自分を自分で受け入れられるようになって自分の事だけで精一杯な状態が改善しつつあります。相手を受け入れる余裕が生まれてきたことで、人と自ら関わることができるようになってきました。成長した。些細なことなので呆れられてしまうかもしれません。それでも前向きに自分を捉えることができるようになったことは私にとって偉業です。

少し例を挙げてお話しするのならば、部の朝礼にて正社員(会社でそう呼ばれている雇用の人)の人は代表になって経営理念などを唱和します。そのときにありがとうございましたと言うべきところをありがとうございますと言ってしまい周囲は笑いに包まれました。以前の私なら、自分を責めて苦しんで惨めな気持ちになったと思います。ですが今は間違えた事を謝りつつ、一緒に笑えるようになりました。失敗することを恐れずに失敗したら失敗しないように対策を考えて実行し続ければいいのだと社長をはじめ、従業員全ての方から教わり学んだおかげだと自負しています。失敗ばかりで迷惑かけて申し訳ない気持ちとともに、日々新しい学びを得られる毎日が楽しくてこの会社で働くことができて幸せです。


最近SNSでお話ししする方ができました。自己開示ができるようになってきたおかげだと思います。嬉しくて楽しすぎて仕事中も思わず笑みがこぼれてしまいます。ますます変わった人と思われそうです。前向きに考えられるようになったのもその方のおかげです。この場を借りて最大限の感謝を。本当にありがとうございます。


最後まで読んだいただきありがとうございます。

あなたの幸せを願い、応援してしまいます。