読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kimagureguren’s blog

ゲームグラフィッカーになるために日々勉強しながら、現在求職中です。よろしければご覧ください。

~人物~ 様々なポーズ練習(ラフ)ポーズ3

きまぐれぐれんです。

今回から人物の様々なポーズを練習します。

基本的な動作である「立つ」「座る」を軸に、徐々に動きのあるポーズを描いていきます。

 

ポーズ3

f:id:kimagureguren:20170427214129j:plain

~人物~ 様々なポーズ練習(ラフ)ポーズ2

きまぐれぐれんです。

今回から人物の様々なポーズを練習します。

基本的な動作である「立つ」「座る」を軸に、徐々に動きのあるポーズを描いていきます。

 

ポーズ2

f:id:kimagureguren:20170426201737j:plain

~人物~ 様々なポーズ練習(ラフ)ポーズ1

きまぐれぐれんです。

今回から人物の様々なポーズを練習します。

基本的な動作である「立つ」「座る」を軸に、徐々に動きのあるポーズを描いていきます。

 

ポーズ1

f:id:kimagureguren:20170425211824j:plain

 

~人物~ 重心いついて学ぶ ③コントラポスト

きまぐれぐれんです。

コントラポストについて学びます。

コントラポスト(contrapposto)とは、体重の大部分を片脚にかけて立っている人を描いた視覚芸術を指す用語で、もともとはイタリア語である。片脚に体重をかけているため、肩や腕が尻や脚の軸からずれているのが特徴である。このためより動的な見た目になったり、逆にゆったりした見た目になる。脚を休ませている状態から歩こう・走ろうとする状態への変化を描くことで、緊張を表すこともできる。コントラポストをさらに強調して曲がりくねらせたものをS字曲線という。

コントラポスト - Wikipedia より引用

 

コントラポストの図

f:id:kimagureguren:20170424142340j:plain

1.体重をかけている片脚側の腰は上がる。

2.身体全体のバランスを取るために1と反対の肩が上がる。

 

動きのある動的な絵や、S字曲線を用いて女性らしいポーズが描けます。

 

 

~人物~ 重心について学ぶ ②人体の重心

きまぐれぐれんです。

前回に引き続き、重心について学んでいきます。

 

成人の人体の重さの比率(%)は下図のようになります。

f:id:kimagureguren:20170423203130j:plain

 

 

直立時の成人の重心はおへその下あたりにあり、子供はおへその上のあたりにあります。成人の男性と女性では骨盤の形状が異なるため重心の位置に違いが現れます。また、臨床での身体体重は、身体を100%とした場合に、男性では床から56%、女性では55%の位置にあると言われています。 

f:id:kimagureguren:20170422223100j:plain

姿勢によって重心の位置は変わります。必ずしも体の内部にあるわけではありません。

 

 

次回はコントラポストについて学びます。

 

 

 

 

~人物~ 重心について学ぶ ①重心とは何か

きまぐれぐれんです。

今回は重心について学んでいきます。

重心とは、もともとは物理学の用語で、質量が分布する空間において、その質量に対して他の物体から働く万有引力の合力の作用点です。したがって、重心は質量中心であるともいえます。(図1)

物体の重心は常に一定の点で、物体の位置や置き方を変えても物体の重心の位置は変わりません。(図2)

しかし、重心が必ずしも物体の内部にあるとは限りません。(図3)

重心の位置が低いと安定し、高いと不安定になります。(図4)

f:id:kimagureguren:20170422135112j:plain

 

次回は人体の重心を学びます。

 

 

 

 
 

~人物~ 人体の比率

きまぐれぐれんです。

人体の比率について学びます。

下記URLを参考にしました。

人体比率 - Wikipedia

人体の比率を覚えれば人物イラストが上手になる! アタリの取り方講座 | いちあっぷ

 

人体比率の図を描きました。

f:id:kimagureguren:20170421093459j:plain

 

顔の縦の長さを考えたとき、中央の高さに両目がある。

顔を縦に3分割したとき、頭頂から眉毛の上まで、眉毛から鼻の下まで、鼻の下からあごの先までがほぼ同じ長さである。

顔の横幅は、目の横幅の4倍から5倍である。

両目の間隔は、目の横幅に等しい。

耳の高さは、ほぼ鼻の下から目尻までである。

鼻の横幅は目の横幅にほぼ等しい。

口の横幅は二つの瞳の距離に等しい。

人体比率 - Wikipedia より引用